第5回フレッシュ横浜音楽コンクールの感想|ピアノ教室 管理人のつぶやき

第5回フレッシュ横浜音楽コンクールの感想

2011年7月11日(月)

暑い!!

暑すぎる!!!

今日午前中、炎天下の中、教室の裏の草むしりをしました。

焼き付けるような日差しの中、汗だくで草むしりです。

“死ぬる”かと思いましたよ、ホント。


それでもクッタクタになりながら、ゴミ袋6個分の草をムシり取ってやりましたよ、ええ。

梅雨が終わると、ニョキニョキと威勢よく伸び放題でしたから、一気に朝からズバっといきましたよ。

朝ズバです!


精根尽き果てて、お昼はそうめんとビールという謎の組み合わせを堪能。

どんだけ水分取ってもまだ足りないっていうくらい、ゴクゴク「昼ビール」でした。



ま、それはいいとして・・・

「第5回フレッシュ横浜音楽コンクール」の予選通過者が発表になりました。ピアノ教室からの出場者は・・・

残念ながら通過者なし、です。


でも、それぞれにいい経験ができたのではないかな、と思います。

生徒さんも、りえ先生も。(管理人も)



せっかくなので、管理人が個人的に思ったこと、感じたこと、考えたことをここに書いておこうと思います。(教室の方針とかではありませんよっっ)


・日常的にピアノで練習している子と、電子ピアノで練習している子の差が出る。

以前も書きましたが、やはり如実に出てしまいますね。

指や筋肉の発達だけではなく、弦とハンマーの感触や反動を感じているかどうかは、演奏動作や音の深さ、強さに表れますよね。

そしてそれは、審査の対象となってしまいます。

(ネットでもピアノは探せますよ〜・完全本気モードの子と、そうでない子の差が出る。

「完全本気モードの子」とは、将来、音大やピアニストを目指している子とその親御さん、先生のことです。


今の子どもたちは、管理人が子どもだったときと比べ、とても忙しいようです。

スポーツにお稽古事や習い事、学習塾、そして学校も宿題も。

放課後の予定はビッシリで、それが普通みたいです。

そして(特に都会では)中学受験が待ち構えていますので、小学4年生にもなれば、普通に塾通いがはじまります。

私立中学に入れれば、なにかと良いらしいですから、多くの子や親御さんはそれを目指して、塾通い、つまり受験対策に余念がありません。



そんな子でもピアノを練習し上達すればピアノコンクールにたくさん出場してきます。

でもその中に真逆の子も混ざっているんですよね。

それが「完全本気モードの子」です。



彼ら、彼女たちは本気で音大やピアニストを目指していますから、コンクールも必死ですよね。

練習の量も質も、環境も違いすぎます。

「完全本気モードの子」は音大やピアニストを目指していますから、中学受験のための塾通いは眼中にありません。

ピアノの練習自体が受験対策ですから。

こんな子を相手に戦っては、ちょっと上達したレベルの子では太刀打ちできなくて当然です。


例えはよくないですが、

二等兵と特殊部隊の兵士が戦っているようなもんです。

敵いません。


「完全本気モードの子」たちは、そういう人生の選択をし、そのための訓練を受け、コンクールという戦場に出てきます。

専門性が高い子たちなんですよ、そのスジで上を目指しているわけですから。

で、そういう「完全本気モードの子」たちは、日常的にグランドピアノで練習していますよね。

衣装から違いますもん、やっぱ。


普通の子は“ピアノを弾いている”レベルですが、「完全本気モードの子」たちは“演奏”をしています。

この差は大きいでしょう。


そして「完全本気モードの子」たちが“演奏”すれば、審査の基準も上がってしまいます。

「完全本気モードの子」の中で、一番レベルの高い子を頂点としたヒエラルキーが、一瞬にして出来上がってしまいます。

会場の空気が変わってしまいますからね。




・予選が自由曲のコンクールには注意。

予選が課題曲の場合、その決められた課題曲によってある程度レベルが見えますが、自由曲の場合よくわからなくなります。

「完全本気モードの子」たちが、難易度の高い得意曲を演奏する可能性があるんですよね。

ほんの数名だけが次元の違う演奏を披露しちゃうので、やはり普通の子では太刀打ちできません。

これ、要注意です。


・シビアだからこそ良い!

コンクールの審査はシビアですよね。

各自の練習環境や家庭環境なんか考慮してくれません、そのときのステージ上が全てです。

ほんの数分で優劣がハッキリ決まります。

超シビアです。


今の時代、運動会で“みんなで手をつないで一緒にゴール”させるところもあるように、「比較しない教育」っていうものもあります。



でも、コンクールってそんな世界じゃないんですよね。

コンクールって「ダイヤの原石」を探すためにあるんじゃないかな。

「ダイヤの原石」を見つけ出すためには、ただの“石っころ”はふるいにかけられ落とされます。

ある意味、とても残酷な世界です。



でもよく考えてみると、音大を頂点とした音楽教育って、ハッキリ言って「10年に一度の天才を探す」ために機能してるんだと思います。

極端な意見に聞こえるかもしれませんし、お叱りを受けるかもしれません。

でも少なくとも、毎年膨大な数の“ピアノの先生”を輩出するために機能しているわけではないはずですよ。
(もしそうであれば「教室運営学・経営学」みたいなものがたくさんあってしかるべきですが。)

基本的には音楽界・音楽史に名を残すような、演奏家や作曲家、指揮者を輩出するために存在しているんだと思います。

控えめに言っても、プロの演奏家や作曲家、指揮者を輩出することが第一の目的でしょう。



そしてコンクールも、その一翼を担っているわけですから、シビアになって当然です。

“みんなで手をつないで一緒にゴール”ばかりでは、文化的に継承できないジャンルもあるということですかね。



ただそういうシビアな世界を小さいうちに経験しておくのは、とってもいいと思います。

だって、どのみち社会に出れば競争競争の超シビアな世界なんですから。


(※ただ個人的には「10年に一度の天才を探す」仕組みって、ちょっと教育機関としてはいかがなものか、と思っています。ま、それはまた別の話しですが・・・。)




あ、以上は管理人の個人的感想ですから、うちの教室やりえ先生の考え方とは関係ないですよ、念のためね。

むろん異論は認めますw。


音大進学・就職塾 茂木大輔 著
音大進学・就職塾 茂木大輔 著

音大志願
音大志願
気軽にクリック&コメントしてね♪ ⇒Web拍手

ヾ(*´∀`*)ノ
ランキング参加中!応援ポチお願いします♪

更新報告+Ranking ホームページランキング 音楽・MP3部門


[ この記事を共有 ]
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクコメント(0)



前の記事へ

ピアノ教室 管理人


今日もよろしく〜♪

今日もよろしく〜♪

最新の記事

最近のコメント

コメントはWeb拍手からお気軽に!
コメント一覧へ

アクセスランキング

第1位
グレンツェンピアノコンクールの感想

2172/PV (+305)

第2位
グレンツェンピアノコンクール 課題曲

1769/PV (+181)

第3位
グレンツェンピアノコンクール本選課題曲

1073/PV (+199)

第4位
全日本学生音楽コンクール ピアノ小学校の部は山本大誠さんが第1位

885/PV (+395)

第5位
ブラームス国際コンクールで大野若菜さん優勝

770/PV (+77)

第6位
ヤマハ リトルピアニストコンサートに感激

744/PV (+183)

第7位
ブザンソン国際指揮者コンクールで垣内悠希さん優勝

563/PV (+48)

第8位
ピアノ教室の年賀状

514/PV (+108)

第9位
ピアノ発表会プログラム用イラストに着手

474/PV (+177)

第10位
ピアノ発表会の講師衣装

424/PV (+110)

アクセス数の累計ランキングです。
[2012年4月末時点]
新人気記事ランキング

Web拍手報告

  • [07.31]  23  23  0
  • [07.30]  19  18  1
  • [07.29]  97  95  1
  • [07.28]  11  11  0  ピアノコンクールのお辞儀でガラパゴス化
  • [07.27]  16  16  0
  • [07.26]  22  17  3
  • [07.25]  24  22  1  ピアノ教室脇のキンモクセイとの長い長い闘い
  • [07.24]  06  06  0
  • [07.23]  11  11  0
  • [07.22]  30  30  0  サボったお詫び

拍手  人数   コメント
Web拍手報告一覧へ

写真記事

Felice music schoolさんの発表会へ カバレフスキー組曲『道化師のギャロップ』とキンモクセイ ピアノ椅子選びは慎重に スティーブ・ジョブズと音楽 ヤマハ「弾いちゃお検索」をやってみた 音楽の楽しみ方に関する雑記とか ドビュッシー『月の光』と晩秋の名月 ピアノ教室のハロウィン飾り ピアノ発表会プログラム用イラストに着手 古代ギリシアの木管楽器『アウロス』の響き ピアノ発表会にはリコーダー部も出演!! ピアノ講師歴20周年記念 ピアノ発表会を英語で書くと・・・ ピアノ発表会ゲストにアコーディオン田ノ岡三郎さん登場

アーカイブ


ショッピングマーケット

【オススメ楽譜】

ようこそ!
福田音楽教室へ!!