水槽を買おう!|ピアノ教室 管理人のつぶやき

by FUKUON



ピアノ教室管理人金魚情報> 水槽を買おう!

『水槽を買おう!』

今回は水槽の購入についてです。


なぜ最初に水槽の購入についてなのか??

それは水槽の購入〜設置、そして水質が安定するまでは、
金魚は買っちゃダメだからです!

家も無いのに引っ越す人はいませんよね?



水槽の購入

まずは水槽を買いに出発! ペットショップはもちろん、ホームセンターでも売ってあります。 水槽は色んなサイズがあります。 今はデザイン性の高いインテリア水槽 なんていうのまであるんですよね。 しかし初心者の方は、 一通りセットになったものを買うことをオススメします。 バラで買おうとすると、濾過装置やフィルター、 モーターやら照明などの知識が要求されてしまいます。 当然お値段も跳ね上がりますよね。 水槽のサイズは、 30cm水槽(小型) 60cm水槽(中型) 90cm水槽(大型) といったあたりが標準的なサイズになります。 金魚のお薬やカルキ抜き剤なんかも、 これらのサイズに対しての分量を記載されていることが多いので、 何かと便利です。 ちなみに、 福田音楽教室にある水槽は60cm水槽になります。 また水槽サイズと飼える金魚の数には関係性があります。 目安は、 「30cm水槽には金魚3匹まで」 「60cm水槽には金魚6匹まで」 「90cm水槽には金魚9匹まで」 と憶えておくといいでしょう。 まあメンテナンスのことも考えると、 最初からあまり大きい水槽は買わないほうが無難だと思います。 かといって、 小さいとあまり楽しくありません。 やっぱり60cm水槽あたりが、 一番パフォーマンスがよいでしょうね。

買ってはいけない水槽

絶対買ってはいけない、というわけではありませんが、 濾過装置の付いていない水槽、 または取り付けが困難な水槽はやめたほうがよいでしょう。 特に金魚鉢は、 金魚を飼育する環境には適していません。 上級者になれば金魚鉢の使い道がわかると思いますが、 初心者が使うと金魚の棺桶になってしまいますので注意。

※この情報は、各自のご判断でご利用下さい。いかなる不具合・損害も福田音楽教室およびFUKUONは一切責任を負いません。

▼この記事へのリンク

<以前の記事へ| 金魚情報トップ新しい記事へ>

ピアノ教室管理人トップ


▲ページTOPへ▲