金魚の購入|ピアノ教室 管理人のつぶやき

by FUKUON



ピアノ教室管理人金魚情報> 金魚の購入

『金魚の購入』

いよいよ金魚を買うときがやってきました!
そのときのポイントをご紹介します。


ペットショップで買う!!

ちゃんとしたペットショップで買うことをオススメします。 ホームセンターなどのペットコーナーにも金魚は売ってありますが、 そこの店員さんがペット専門ではない可能性があるのです。 そのときだけの担当だったり、店員さんの配置が変わったり、 パートのおばさんだったりすると、金魚飼育のノウハウに疑問が生じます。 その場合、飼育環境に問題があったり、病気にかかっていたりする場合も考えられます。 いや、単に不安になるのです!! できるだけ、キチンとした知識と経験がある、ペットショップで買うほうが安全です。 管理人は絶対そうします! →管理人ご用達ペットショップ「ペットフォレストあざみ野店」

同じ種類、同程度の大きさの金魚を買う!!

初めての頃はなんだか楽しそうなので、 色んな種類の金魚を買ってしまいたくなります。 琉金に和金、ランチュウにオランダシシガシラ。 色んな種類の金魚たちが売ってあります。 でもそれぞれ体の形や大きさ、ヒレの数などが違ったりします。 当然、泳ぐスピードが違います! 泳ぐスピードが違う金魚が、 同じ水槽内で一緒に暮らすとどうなるか? 速く泳げる方が、断然有利になります。 餌を食べる上で、圧倒的に有利なのです。 逆に遅く泳ぐ金魚は、まったく不利になります。 餌にありつけなくなってしまいます!! 特に、和金やコメットなどの流線型のカッコイイボディーを持つ金魚と、 ランチュウなどの背ビレが無くおっとりと泳ぐ金魚を一緒に飼うなんて最悪です。 ランチュウが可哀想・・・。 金魚は同じ種類の同じ大きさ同士で統一したほうが、 金魚たちのためですし、飼い主の苦悩も少なくて済みます。

ほどよく元気な金魚を買う!!

あきらかに元気が無い金魚は論外ですが、元気が良すぎるのも問題です。 後々、いじめっ子になってしまう可能性が高いような気がします。 (ジャイアン化、と呼んでます。) 気の弱い金魚を追い掛け回したり、突いたりしてイジメたりするんです。 ほどよく元気な金魚を選びましょう。

病気にかかっていないか、よく見て買う!!

尾ビレや背ビレをよく見て、ボロボロになっていないかチェック。 また体表に白い斑点や出来物などがないか、よーーく確認しましょう。 たった一匹のために、水槽内の金魚が全滅、 なんてことにならないように注意しましょうね!

※この情報は、各自のご判断でご利用下さい。いかなる不具合・損害も福田音楽教室およびFUKUONは一切責任を負いません。

▼この記事へのリンク

<以前の記事へ金魚情報トップ新しい記事へ>

ピアノ教室管理人トップ


▲ページTOPへ▲