グレンツェンピアノコンクールの感想|ピアノ教室 管理人のつぶやき

グレンツェンピアノコンクールの感想

2011年7月31日(日)

29日、30日と
「グレンツェンピアノコンクール」横浜予選で
みなとみらいホールに行っていました。



29日は終日、
30日は午後、
ずっとステージを見てて

またいろんなことを感じた次第です。


課題曲

「グレンツェンピアノコンクール」は すべて課題曲なんですが、 曲が決まっているだけに 微妙な差が出てしまいます。 ミスタッチとか ハッキリわかってしまうんですよね。 管理人のような 曲を知らない素人でも 「あっ、今まちがえた!!」 って聞きとれちゃいます。 同じ曲を 何人も、何十人も 続けて弾くわけですから、 ちょっとしたミスも、 テンポの違いも、 演奏のニュアンスも ぜーんぶ、差がついてしまいます。 ある意味、 自由曲よりシビアかもしれませんね。

聴かなきゃソン!?

コンクールって 基本、入場無料です。 聴くだけならタダ、 0円です。 そして まだまだの人も 実力のある人も いろんなレベルの人が演奏します。 タダで! これを聴きにいかない手はありません! これから演奏の道、 音楽の道に進むつもりがある人は、 絶〜対、 聴きにいったほうがいいです。 損はしません。 っていうか、 ものすごく勉強になると思いますよ。 タダで。 もし 自分のお子さんが 少しでもその気がある方は 絶対連れて行ってください。 やはり 年1回や2回のステージ体験だけでは、 経験が足りません。 かといって コンクールばかり出ててるのも 大変ですから、 ひとのコンクールを見るっていうのも “良いレッスン”になると思うんです。 そしてさらに・・・

たまにはプロの演奏も!!

これです、コレ! プロの演奏を生で見ることで、 そのたたずまいや 演奏動作とか 自分の中にイメージができてくる と思うんですよね〜。 たとえば 野球好きな子どもは 野球中継を見ますよね。 球場が近くにあれば シーズン中、何回かは観にいくでしょう。 サッカーでもなんでも同じです。 プロのプレイを見て 自己イメージし、 マネして学び、 覚えていくんですよね。 子どもって そんなもんじゃないですか。 もし一度もプロの演奏を生で見ずに 上位を目指しているんだったら、 ちょっとナンセンスかもしれません。 それはピアノ教室の先生だけで 足りるわけありません。 特にうちの教室みたいに 「専業講師」、 つまり演奏活動をしていない、 ピアニストではない先生についている子は 絶対、プロのピアニストの演奏を 見に連れていってあげてください。 それもレッスンのうちですから。

「選択」と「集中」、「専門性」

やっぱ そういうところに お金と時間、労力を惜しんでいては 伸びる才能も伸びないですよね。 まんべんなくリスク分散した投資じゃなくて、 「選択」と「集中」だと思うんです。 勝てる分野に集中投資。 いろんな習い事にお稽古事、 スポーツ、運動、 そして塾とか まんべんなくやらせるのも 教育方針としてはあると思います。 ひと通りなんでもやらせて 最低限のリスクを分散させるという 育て方もありです。 負けないように分散投資ね。 (逆にライバルも多いでしょうね。) でも、 やっぱり 最後に勝つのは 「専門家」です。 コンクールでもなんでも 勝ち上がっていくのは 専門性を高めた人ですもんね。 他人より一歩でも二歩でも、 1cmでも1mmでも、 専門性を高めた人だけが 勝ち上がっていく世界ですよね。 そういった世界で 上位を目指していくには 「選択」と「集中」、「専門性」 が大事かな、と。 あ、 なんでも高度に結果を出せる “天才”だったら 話しは違いますけど。 レオナルド・ダ・ヴィンチ とかね。

相対的価値と絶対的価値

ここまで書いたのは 相対的価値に基づいた感想です。 つまり コンクールというシステムによって 相対的に生み出される結果についての感想です。 もっと簡単にいうと(笑) たくさんの人が参加し ほんの数分だけ演奏し 数名の審査員の先生に比較され、 その結果、上手い下手といった 相対的な順位付けが出てしまうことに関しての 率直な感想です。 (むずかしいですね・・・。) でも 優劣という相対的結果がでてしまう、 そんなコンクールにおいても 揺るがない絶対的な価値、 というのもあるんじゃないかと。 どんな順位がついても 演奏中にどんなミスしても、 本選に進めなかったとしても 出演者中一番ヘタだと言われたとしても それでも 揺るがない価値があるはず。 決して相対化されない 他人と比較されない 絶対的価値。 それは 自分主観の体験・経験 ではないでしょうか? コンクールという他人と比較される場で、 自分が体験し、 自分が感じ、 自分が思い、 自分が学んだこと。 心臓がバクバクと波打ち、 ガクガクとヒザが震え、 手にビッショリ汗をかき、 指先がうまく定まらず、 頭の中が真っ白になりながら、 それでも得られた 自分だけの時間。 自分だけの経験。 そのあと 胸に残った何か。 これは相対化できないですよね。 他人は評価できない、 ひとと比べられない、 唯一無二の価値です。 自分自身の内面にだけ存在している 絶対的価値です。 絶対的価値は揺るぎません。 何者にも支配されない 自分だけの宝物です。 今回11人もの生徒さんが出場しました。 それぞれ結果も点数も違います。 コンクールというシステム上での 点数の優劣も出ています。 でも そんなこと どうでもいいじゃないですか。 出場者が変われば、 時間が経てば、 相対的に変化してしまう、 相対的な優劣でしかありません。 でもみんなそれぞれ 揺るぎようのない 「自分だけの宝物」 を得たはずです。 聴衆にも、 審査員にも、 先生にも、 親御さんにも、 誰にも知られることのない、 自分だけの宝物です。 これが一番の貴重品。 最高のトロフィーだと思います。 みんな 優勝したんです。 バンザイ \(≧∇≦)/ オメデトウ! オメデトウ! オメデトウ! みんな オメデトウ!! Web拍手Web拍手Web拍手Web拍手Web拍手Web拍手Web拍手Web拍手 さて 例によって ここに書いた記事は 管理人の個人的な感想です。 そして管理人は 音楽の専門家じゃありませんよー。 と、 姑息に逃げる ((((((〜 ´∀`)〜コソコソ… りえ先生の感想はコチラ↓ 福田音楽教室の明るく楽しい“福ON”ブログ♪ 金賞よりも大切なこと?コンクール常勝校 市立柏高等学校吹奏楽部 強さの秘密 金賞よりも大切なこと?コンクール常勝校 市立柏高等学校吹奏楽部 強さの秘密 気軽にクリック&コメントしてね♪ ⇒Web拍手

ヾ(*´∀`*)ノ
ランキング参加中!応援ポチお願いします♪

更新報告+Ranking ホームページランキング 音楽・MP3部門


[ この記事を共有 ]
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクコメント(0)



前の記事へ

ピアノ教室 管理人


今日もよろしく〜♪

今日もよろしく〜♪

最新の記事

最近のコメント

コメントはWeb拍手からお気軽に!
コメント一覧へ

アクセスランキング

第1位
グレンツェンピアノコンクールの感想

2172/PV (+305)

第2位
グレンツェンピアノコンクール 課題曲

1769/PV (+181)

第3位
グレンツェンピアノコンクール本選課題曲

1073/PV (+199)

第4位
全日本学生音楽コンクール ピアノ小学校の部は山本大誠さんが第1位

885/PV (+395)

第5位
ブラームス国際コンクールで大野若菜さん優勝

770/PV (+77)

第6位
ヤマハ リトルピアニストコンサートに感激

744/PV (+183)

第7位
ブザンソン国際指揮者コンクールで垣内悠希さん優勝

563/PV (+48)

第8位
ピアノ教室の年賀状

514/PV (+108)

第9位
ピアノ発表会プログラム用イラストに着手

474/PV (+177)

第10位
ピアノ発表会の講師衣装

424/PV (+110)

アクセス数の累計ランキングです。
[2012年4月末時点]
新人気記事ランキング

Web拍手報告

  • [07.31]  23  23  0
  • [07.30]  19  18  1
  • [07.29]  97  95  1
  • [07.28]  11  11  0  ピアノコンクールのお辞儀でガラパゴス化
  • [07.27]  16  16  0
  • [07.26]  22  17  3
  • [07.25]  24  22  1  ピアノ教室脇のキンモクセイとの長い長い闘い
  • [07.24]  06  06  0
  • [07.23]  11  11  0
  • [07.22]  30  30  0  サボったお詫び

拍手  人数   コメント
Web拍手報告一覧へ

写真記事

Felice music schoolさんの発表会へ カバレフスキー組曲『道化師のギャロップ』とキンモクセイ ピアノ椅子選びは慎重に スティーブ・ジョブズと音楽 ヤマハ「弾いちゃお検索」をやってみた 音楽の楽しみ方に関する雑記とか ドビュッシー『月の光』と晩秋の名月 ピアノ教室のハロウィン飾り ピアノ発表会プログラム用イラストに着手 古代ギリシアの木管楽器『アウロス』の響き ピアノ発表会にはリコーダー部も出演!! ピアノ講師歴20周年記念 ピアノ発表会を英語で書くと・・・ ピアノ発表会ゲストにアコーディオン田ノ岡三郎さん登場

アーカイブ


ショッピングマーケット

【オススメ楽譜】

ようこそ!
福田音楽教室へ!!